医療事故調査費用保険

医療事故調査制度は、2014年6月18日に成立した医療法の改正に盛り込まれた制度で、制度施行は2015年10月1日です。
医療事故が発生した医療機関において院内調査を行い、その調査報告を民間の第三者機関(医療事故調査・支援センター)が収集・分析することで再発防止につなげるための医療事故に係る調査の仕組み等を医療法に位置づけ、医療の安全を確保するものです。
対象となる医療事故は、医療機関に勤務する医療従事者が提供した医療に起因し、または起因すると疑われる死亡または死産であって医療機関の管理者がその死亡または死産を予期しなかったものになります。

医療事故調査費用保険とは

医療事故調査制度に則って第三者機関(医療事故調査・支援センター)に事故発生の報告が受領され、医療事故調査制度で義務付けられる「院内調査」の実施によって発生する費用を補償します。

医療事故調査費用保険は費用・利益保険普通保険約款に医療事故調査費用保険特約条項および各種特約セットしたものです。
このご案内は、概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。

(お問い合わせ先)
【引受保険会社】損害保険ジャパン株式会社 山形支店山形支社 山形市松波1-1-1
        TEL 023-623-7030 受付時間:平日の午前9時から午後5時まで

【取扱代理店】 山形県医師会協同組合 山形市松栄1-6-73 TEL 023-666-5300  

                                   (SJ20-06531 2020.9.2)

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)